DIARY 2020/11/6(黒沢)
~CLOVERの現在~

 あっという間に11月ですね。相変わらず今も毎日コロナ・コロナ・・・と報道が続いております。きっともうこのウイルスが出る前の世界には戻らないんだろうな。。。という、もう諦めですね。しかし歴史的には感染症とともに世界は変わっていったというのも確かなことで(池上彰さん情報)、では仕方ない!と気持ちを切り替えつつ仕事以外でも生活全般含め、様々なことにサクサクと順応していっております。だた、毎年夏に開催されていた音楽フェスや花火大会、昨年まではその日までを日々楽しみにしつつ仕事を頑張っていましたが、見事に全部中止!という状態に(当たり前ですが)、モチベーションを保つのがなかなか難しかったです。。昨年まで皆で騒げていた様々なイベントが、普段の生活でも、子供たちの学校でももう出来なくなるのかな~・・・と凹みつつ、これといったテンションの上りもなくぼんやりといつの間にか11月になっていました。。。

 CLOVERはといいますと、5月感染拡大防止での3週間の自粛休業を終え5月下旬に営業再開を致しまして、引き続き11月現在もコロナ仕様の毎日を現在も送っております。細かな消毒も増え、日々、分刻みな感じでバタバタしておりますがたくさんのお客様の温かいご理解のもと、安全に正確に営業が続けられていることに感謝しております。今後冬、一体このウィルスがどのような影響をもたらすのか予想ができませんが、こちらの地域でも感染者の増加が続いております。どんなに予防を続けても、いずれ自分も罹患するかもしれません。症状なく感染しているかもしれません。寛容な気持ちでありつつ、やるべきことはしっかりと。様々なことを想定しながら今後も営業を続けて参ります。現在も受け入れ頭数は一日約10~13頭程度に絞っており、最終受付は14時前後までとさせていただいております。頭数を元に戻さないのか、営業時間を戻さないのか?というご質問がたまにあります・・・が理由としましては、家族や自身の発熱・風邪の症状など出た場合は速やかにお休みいたしますがその場合、お休み中の完全予約となっている連日たくさんのご予約を全て別日へ変更する対処が必要となります(5月休業時のトラウマ(苦笑)。こういった緊急時の予約変更のスペースは常に確保しておかなければならないこと、またトリミング終了後の店内・器具の消毒には毎日約1時間半かかります。娘の下校時間にも配慮しつつ、トリミング終了後、店内の消毒をきちんと行い、なおかつトリミングのご予約もできるだけ滞りなくお受けする、となりますとしばらくはこのままの営業形態となりますので、ご迷惑おかけして申し訳ありませんがご理解の程、お願い申し上げます。

 年末のご予約もすでに埋まってきており、例年通り12月31日まで営業しておりますが、現状では昨年までのように毎日頭数を目一杯入れることが出来ません。そのため、週末・12月は日によってはすでに予約を締め切った日にちが多数ございます。お正月前にトリミングをご希望される方は、お早めにご連絡下さいますようご協力お願い申し上げます。

 インフルエンザや風邪など、これから流行りだすこのシーズン。加えて新型コロナもかい!という状況ですが、自分の身も守りつつ、周囲の人たちも守るようなエチケットを心がけて、できるだけゆったりした冬を過ごせますよう・・・皆様もご自愛下さい♪

 そして最後になりますが・・・!2020年11月23日でCLOVER開店15周年を迎えます。早いような長かったような・・・定番のコメントになってしまいましたが、これもひとえに毎回CLOVERにご来店下さる皆様の支えがあってこそと、スタッフ一同心より感謝申し上げます。開店15周年を記念いたしまして今回はCLOVERオリジナル『安全運転啓発&ドライブレコーダー録画中喚起』マグネットを作成いたしました。車の後ろに貼れるようになっております。数に限りがございますが、11月中旬からご来店された皆様ににお配りいたします!可愛くもジッと睨みつけているようなワンコ達を是非お守り替わりにして下さい♪昨今報道でも続いております「あおり運転」や運転中に見舞われるトラブルの数々。ワンコも大事な家族!!安全で楽しいお出かけにしたいものですね。運転だけでなく、愛犬を乗車させる場合は
  ①キャリーバッグに入れる 
  ②高齢犬やキャリーが苦手なワンコは同乗者を確保し、しっかりと抱いておく
  ③転落防止、窓は開けすぎない
  ④気温や車内の温度変化に十分注意して、できるだけ車内に愛犬だけを残さない
・・・などの配慮も飼い主さんがしてあげて下さい。ワンコ達の笑顔が日々の活力になりますね♪今後もワンコの立場に立った誠実なケアに邁進いたしますので、変わらぬご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。
 




DIARY 2020/5/13(黒沢)
~営業再開、ご利用内容の変更について~

 4月29日から新型コロナウイルス感染予防・拡散防止に伴い休業しておりますが、今後の感染者の再増加があるかないかも確認したうえ、25日(土)8:30~より頭数を制限し、様子を見ながらではありますが営業再開(予定)致します。しばらくはお電話が集中することが予想されますのでつながりにくい場合は何度かかけなおしていただけたらと思います。なにより、期間内にご予約いただいておりましたお客様、また4月29日以降ご予約のお電話を下さいました沢山のお客様にはご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございませんでした。ご理解下さいました皆様に感謝申し上げます。お客様とスタッフの安全を考えますと不安は残りますが、ワンコたちの健康面等を考慮し、25日から再開予定とさせていただきますのでよろしくお願い致します。尚、現在すでにご予約されている方のトリミングにつきましては多少時間の調整もしつつ、ほぼ予定通りで行います。また今後の情勢により、再開の日程が『前後』する場合もありますがご容赦願います。仕事柄、完全予約制なため、休業します・再開しますの繰り返しのその都度の対応は、顧客様も多く非常に大変でして、すぐすぐうかつに判断できない状態です。

 休業中は自宅で静かに(とはいえ毎日娘が騒がしい)自粛しつつも、お店で鳴っているであろうたくさんの電話や、トリミングを必要としているたくさんのワンコ達、当店でないと施術できない高齢犬、皮膚炎・基礎疾患のある子、毎日毎日考えて結局心休まることはありません。この状況で休業を余儀なくされた世のトリマーは皆、そんな状態だったと思います。娘も5月31日まで学校休業のため自宅で面倒見ていますが、学校で行っていたであろう勉強を、課題や配信された動画などで毎日自宅でやっているため、真面目に付き合っているとあっという間に午前中が終わります(泣)。ストレスすごいです。。むしろ営業していた方が気が楽だったきがしますが、私たち夫婦も、基礎疾患があるためカラダが健康だったらな~・・・と落ち込む日々です。現在は再開後皆様も自身も安心してトリミングができるよう、各変更、感染防止対策に対応すべく、様々な準備をすすめております。連日頭痛です(笑)。。

 この新型コロナウィルスに振り回される状況は今後も長く続きそうです。根本的には治療薬、ワクチンができない限り今まで通りの生活に戻ることは難しく、薬なども治験→承認→流通までの期間を考えると、年単位でこの暮らしが続くと思われます。営業再開につきましても、所々内容の変更がございます。店側の努力だけでは難しい部分がありますので、お手数ですが飼い主の皆様もご協力もいただきたく、下記ご確認のうえ、ご理解ご協力お願い申し上げます。

☆☆新型コロナウイルスに対する当店の対策・飼い主様へのお願いについて☆☆

新型コロナウイルス感染予防・拡散防止に伴う営業再開につきまして、下記ご確認のうえ、ご理解ご協力お願い申し上げます。

【ご利用内容の変更・再確認】 ※期限・・・新型コロナウィルス終息まで

①来店時・・・(1)接客は店内にてご家族代表1名様でお願い致します。
※すでに店内にお客様がいる場合は車内にてお待ち下さい。到着順でスタッフがお声がけさせて頂きます。
       (2)ご来店前にご自宅にて検温をお願い致します。
※ご来店されるお客様、ご家族様・身近な方に発熱や咳症状のある場合、ご予約の取り直しをお願い致します。
       (3)マスク着用でご来店下さい。
       
②時間・・・・店内の密を避けるため、接客・消毒時間を考慮した『完全予約・各時間制』となっております。ご予約時間・お迎え時間の「厳守」をお願い致します。
(時間より早めにご来店された場合は、車内でしばらくお待ち下さい。)
      仕上がりのお電話後は速やかにお迎えください。
        ※店外、駐車場などでのお散歩は最小限でお願いします。
        ※見学(基礎疾患・高齢犬施術中の待機など)は車内でお願い致します。
        ※当面の間、長時間のお預かりはお受けしておりません。

③お預かり・・・(1)『リード』でお預かり致します。抱っこの状態でのお預かりはご遠慮願います。
(店内へのキャリーバッグの持ち込みは御遠慮いただき、『リードでのお預かり』でお願い致します。)
        (2)ネックレスなどのアクセサリー、ウェアはあらかじめ脱がせてご来店下さい。

④接客・・・・接客時間短縮のため愛犬の健康状態の変化(治療内容等)・カットスタイルの変更は事前に「お電話にて」お願い致します。
  ※当面は常に再休業を想定して、愛犬の健康維持を最優先したトリミングとなります。凝ったデザインカット等は受け付けておりません。

⑤トリミング・・・被毛経由の感染防止のため工程を変更し、預かり後はすぐにシャンプーに入ります。
(当店はオゾン水を使用したトリミングが『標準仕様』となっており、付着した細菌などしっかり除菌できます。)
  速やかにシャンプー作業へ入れるよう、ご来店前にご自宅でできうる限りブラッシング、抜け毛取りのご協力をお願い致します。
  ※定期的な手入れ・トリミングがされておらず、毛玉、抜け毛で覆われている場合などは、シャンプーまでの作業短縮が困難なためご利用をお断りする場合があります。

⑥お支払い・・・お札、コインからの感染防止のため、出来るだけ『お釣りのないよう』ご協力下さい。クレジット・電子決済も取り扱っておりますのでご利用下さい。
       
        
⑦ご予約・・・当面の間『4カ月以上当店のご利用がない方』のご予約を見合わせます。
  ※予約枠の制限により受け入れ頭数の限界があるため。来店時の被毛の状態(毛玉・抜け毛等)によりシャンプー前の作業短縮が困難なため。

※重要※
再休業・再開時には、当店ご利用後に毎回次回のご予約を入れていかれるお客様への対応を最優先しております。(事前に予約帳にお名前のない方へのこちらからの対応は一切致しておりません。)年齢制限対象・基礎疾患、皮膚炎等の配慮が必要なワンコについてのご利用がCLOVERは大変多く、しかし全てを把握しこちらからご連絡を差し上げるのは難しいため、今後はお会計時に次回のご予約を入れていかれることをおすすめ致します。(※予約枠8週以内・1日頭数に限りあり)

【CLOVER新型コロナウイルス感染予防対策】
☆犬舎、テーブル、器具、の毎時①複合次亜塩素酸系消毒液②オゾン水での消毒、及び常時換気。閉店時フロア全体の消毒。
トリマーの出勤前の検温、犬体洗浄時のフェイスシールド、作業中のマスク、エプロン着用。手洗い、消毒の徹底。

☆今後の営業は店側の改善・努力だけでは難しく、飼い主様にもご理解頂き、非常事態を乗り切れるよう上記ご協力下さい☆


 消毒等の作業は、もともとトリマーが感染予防の配慮が常に必要な職種なため、この状況になっても特に苦に感じない、消毒液などもたくさんある、という点においては良かったな(笑)と思っています。

 いやはやこの状況。。。人畜両方、感染症の知識があるだけに特に秋冬以降どうなるのかという怖さも強く感じでおります。4月末の休業時にDIARYにも書きましたが、被毛に付着したウィルスへの対応は非常にリスクを伴い神経を使う作業です。獣医師学会のガイドラインに応じた対応は通常のペットサロンには現実的には不可能だな・・・という気持ちが常にあります。飼育されているペットに対して、トリマーの数が常に不足している現在、それでも犬たちの健康維持を担いリスクに向き合うわけですから、どのトリマーも皆厳しい選択を迫られているなと感じます。コロナのせいで閉店や廃業を選択したトリマーもいて、しかしその逆で自粛期間にペットを新たに迎え入れる件数が国内で急増したとのこと。これ以上のトリマーの減少は、増えていくペットに反比例しており、だいたいのサロンはご新規様の受け入れ見合わせ他、予約の取りにくい状況です(実際仔犬が売れなければトリマーも仕事が減っていくわけですが、専門学校卒業後、一人前になれるまでこの世界に残るトリマーは極僅かなためトリマーの数が足りなすぎます)。実際、感染対策のため頭数も制限して営業再開しているサロンがほとんどですから、今まで以上に予約の待ちが長くなるでしょう。そして今まで定期的な手入れを怠ってきた飼い主とそのペットに対して、コロナ発生後は手順や作業が多すぎてリスクが伴い、どのサロンも今まで通りできていた対応はこの状況では難しくなりました。これはCLOVERでも例外ではありません。最後のしわよせは結局ワンコへ向かいます。

 『状況は変わった、しばらくは元には戻らない。』ではどう対応するか、今後考え改めどうしていくか。とトリマーだけが考え認識するのではなく、ワンコは状況もわからないし考えられませんから、飼い主様の役割として、犬たちへの健康維持とはどういうことなのか、新しい生活様式同様、見直す・考え直す必要があると思います。非常に残念なお話ですが、感染拡大に伴い、自分の身を守るため、お客様の身も守るため、医療関係者への負担を減らすため、休業自粛の判断をしましたが、「やってもらわなきゃ困ります!!どうするの!仕事でしょ!」と切羽詰まって言われた方のほとんどは1年、半年に一回程度しか手入れに来ず、毎回来るときには常にツメが折れかけ、肉球は毛で覆われ歩きにくく、角膜が毛で炎症を起こし、肛門腺もパンパン、全身毛玉や抜け毛におおわれワクチンも未接種などの状態でした。生き物である以上、犬だって感情・痛覚もありますから、定期的に手入れやトリミングを、サロンでも自宅でも続けていくことは飼い主として当たり前のことです。ワンコが受話器をもってサロンに予約の電話はできませんし、日々の手入れにおいてはトリマーはアドバイスできても、実際に行うのは飼い主だと言う事。自身がコロナに感染した時、災害時、また、そのような緊急時の犬の預け先などを考えてみても、あるべき手入れをされていないワンコを知人宅や施設などに預けられるでしょうか?基本、定期的にご来店下さる方々においては、皆さん「少し我慢できるから大丈夫、自宅でも少しやってみる!」とおっしゃって下さり、配慮して下さりました。非常時に、日々の継続や備えの仕方が改めて浮き彫りとなると思います。トリマー仲間も皆、似たようなキツイ状況に耐えており、こういうことも含め4月以降、世のトリマーは皆色々な場面で苦しんでいるんだろうな~と想像し、再流行後のペットの手入れの継続やトリマーへの負担はいったいどうなるのか・・日々トリミング業界の今後を案じております。
 本当に・・・研究者たちの努力で、一日も早く治療薬やワクチンができることを心から願っています。秋冬に想定されている再流行、長い期間の自粛は経営者も、そして手入れを先延ばしにされるワンコも困難、しかし再開後も憂慮し続ける問題が多く、憎しコロナウィルス・・・。ボヤキが止まりませんね(泣)。

 お客様にはご不便をお掛けしますが、どうかご理解いただきこの非常事態を乗り切れるようご協力頂ければ幸いです。皆様とワンコのご健康をお祈りしつつ、またお店で元気にお会いできることを楽しみに、再開後ご来店お待ちしております。







DIARY 2020/4/26 (黒沢)
~新型コロナウイルスに伴う臨時休業について~

いつもDOGSALON CLOVERをご愛顧下さる皆様、ご利用ありがとうございます。
前回4月7日の緊急事態宣言後のDIARY更新で、午前中のみの時短営業へのご報告をさせていただきましたが(カーソルを下へ動かしご確認下さい)、突然のご報告となりますが、この度状況を鑑みCLOVERは、新型コロナウィルスの感染予防・拡散防止のため、4月29日~当面の間、臨時休業とさせていただくこととなりました。ご利用されている方々・すでにご予約されていたたくさんの方々、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。また今日をもって感染の状況が落ち着くまでご予約の受付を見合わせることから、ご予約済みの皆様へのご連絡より先に、ネットでのご報告となります事を心よりお詫び申し上げます。(※5/6現在・・・5/19までの事前予約のお客様にはご連絡済です。5/20以降ご予約の方に関しましては、今後の状況を見極め、「休業継続であれば」ご連絡差し上げます。ご連絡のない場合は予定通りの日時にご来店下さいませ。)

  休業の主な理由と致しましては、新型コロナウイルスが肺疾患を患う人の重症化が確認されているなか、私自身が慢性気管支喘息の基礎疾患があること(毛におおわれるトリマーには多い疾患と思います)、主人も肺気胸を4回も(逆にスゴイ!)患い手術歴も4回に及ぶことが最大の理由です。その他、近隣地域での陽性者が少しずつ増えていること(初期は単体で感染者がでますが、その後はしだいに倍々に増えていくのが『感染』です)・・・G.Wの連休明け、各地に遊びへ出かけた人などからの感染拡大を私自身が危惧していること(危機感薄めの埼玉県北の感染者・重症者が増加するのはきっと時間の問題です)・・・埼玉県の医療崩壊はすでに始まっていること(喘息でもつらいのに、コロナの治療も受けられず自宅待機は困ります、大事な娘もいます・・)・・・そして4月上旬に確認した下記の獣医師会の発表した新型コロナウイルスに対する指導内容です。

 まず、感染についてご説明しますと、犬にも固有のコロナウイルス感染症があります。
しかしコロナウイルスは「種特異性」※が高いため、これまで犬猫で報告されている「コロナウイルス感染症」が、ヒトを含めた他の種の動物に感染したという報告はありません。犬の場合は軽い下痢症状、猫の場合は伝染性腹膜炎を起こしますが、どちらもまれな病気です。犬のコロナウイルス感染症が猫にうつったり、あるいは猫のコロナウイルス感染症が犬にうつったりするのは一般的ではありません。
※「種特異性」とは:形態あるいは機能のうえで、ある種は共通にもっているが、他の種には認められない特色。

犬特有のコロナは人間には移りません。犬の混合ワクチンにもコロナウイルスは入っていますから、接種していれば愛犬は予防できています。ただ残念なことに猫には新型コロナが感染したという報告がされています。



 そして皆様はご存じだったかどうか、実は4月上旬にはすでに、東京都獣医師会は感染者のペットを一時的に預かる場合に注意すべきポイントをまとめていました。以下は、同獣医師会のガイドラインである、「新型コロナウイルスに感染した人が飼っているペットを預かるために知っておきたいこと」の主なポイントを飼い主の皆様にわかりやすくまとめたものです。


全般的な注意点

・新型コロナウイルス感染症にかかっている人は、ペットとの接触を避ける
・ペットとの接触が避けられない場合は、マスクやグローブ(手袋)を着用する
・家具など感染者の室内環境にはウイルスが付着しており、ペットの被毛なども同様
・ペットの体内にもウイルスが存在している可能性がある
・アメリカ獣医師会は、「飼い主のくしゃみや咳で飛び散った唾液などがペットの被毛に付着しても、唾液などの水分が被毛に吸収され、ウイルスも毛の中に閉じ込められるため、感染しにくくなる」としている

飼い主側が連れてくる場合:移動時の注意

・濃厚接触者でない者が連れていく
・クレートに入れる
・預かる者はマスク、グローブ、エプロン、メガネなどを装着する
・預かる側で用意したクレートに入れ換える
・クレートの交換ができない場合は、次亜塩素酸ナトリウム*(0.05%)で消毒する(家庭にもある塩素系漂白剤)

飼い主宅に赴いて預かる場合

・飼い主宅がウイルスで汚染されていることに注意。
・マスク、グローブ、ガウン、メガネなどの防護衣料を装着する(廃棄の容器も用意)
・できれば2名で訪問し、1名は汚染環境に入らず、出入りする人の防護衣料脱着など、汚染防止に協力する
・預かる側で用意したクレートにペットを入れる

預かった後の処置

・人間の手洗いと同様、シャンプーの界面活性剤でウイルスを除去する。
・マスク、グローブ、エプロン、メガネなどを装着し、可能であれば屋外で行う
・屋内の場合は、ビニールシートで覆うなど、終了後に消毒しやすい状態にしておく
・シャンプー剤を使う前にからだを振らせないように注意する
・よくすすぎ、ドライヤーで乾燥させる
・防護に使用した物を外し洗濯する
・猫の場合、シャンプー前に爪切りを行い、エリザベスカラーを装着させる(人間の防御)
・糞便の取り扱い時はマスクやグローブを装着する
・シャンプーが無理な場合、「ヒビテン液」や「ヘキザック液」など、クロルヘキシジン水(0.05%)でからだを拭くのも効果的。その際、猫が舐めないようにエリザベスカラーを装着させる

なるほど。。。このことで国内の「ペットホテル」はほぼ営業・預かり見合わせの判断となりました。
ではトリミングサロンに当てはめてさらにわかりやすく説明しますと・・・

①預かる際、防護服、グローブ、マスク、ゴーグルをトリマーが装着(シャカシャカする防護服に気を取られるワンコがたくさんいる、防護服内には細かく細い犬の毛は容易に入って来る、素手で作業しなければできない繊細な作業項目の多さのためグローブ付きでの作業は難しいしグローブの感触や厚みを怖がる犬がいる)
②預かった犬を外で洗う(当店には屋外にシンク(洗い場)はありません、シンクから脱走した場合のリスクがすごいです(汗)・・・)
③シャワーをかけた後は犬に体を振らせないようにする(水分や体についたものを振り落とす習性が本能的に犬には備わっています(汗)・・・)
④防護に使用したものを一頭一頭取り換える(1日何頭も請け負うCLOVERで毎頭の交換は無理です)
⑤糞便の取り扱いはマスク、グローブを装着(ウンチにもウイルスは付着しています)

 消毒はどうにか対応できそうですが、これらをみてもトリミングを続けることは感染と隣り合わせの命がけ。感染者が増えてくなか、指導内容の対応について実践を何度もイメージしましたが、無念ですが不可能だなと判断しました。犬の被毛へのコロナウイルスの付着は確認されており、要するに、感染に気付かず、ワンコを連れてきた飼い主さんからワンコの被毛へウイルスは付着していて、また逆に、私たちが無自覚に感染している場合にワンコへウィルスを付けてしまい飼い主様にお返しすることになるかもしれない・・・無症状感染者を含め、接するワンコの毛の奥まで全身に大量のウイルスが付着しているということです。住環境にしても同じく、感染者の自宅の家具やおもちゃなどからもウィルスは移り、それらのものに触れれば感染の可能性があります。

 これらのことも踏まえ、他業種のサービス業よりも美容室同様なんだか最前線・・・やはり自分の健康なくしてはトリミングも出来ないし、お客様への感染予防・拡散防止を最優先し、しばらくの間お休みをいただきます。

 今日、昔からCLOVERがお世話になっているの獣医の先生に営業について相談しましたが、やはり「洗う作業」「預かる作業」にはかなりのリスクが伴い、より多くの注意が必要であることなどをアドバイスいただきました。基礎疾患があるならなおさら、早めの判断を・・・と薦められたところです。休業中、爪切りや肛門腺だけでも・・・との依頼もあるかと思っており代替として動物病院の利用を通常考えますが、動物病院も同様、命がけです。フィラリア、ワクチンの時期にも入っており、歩行困難など切迫した状況でなければ(要は美容の範囲であるなら)我慢してもらいたいとのことでした。
現在の状況が感染そのものを抑止しているのではなく、とりあえず医療崩壊を抑えるための措置であること、ということでなかなか終息への目途はたたなそう・・・と獣医の先生と話をしました。

 感染後のリクスも計り知れず、自宅全体、店舗全体の消毒、PCR検査の受けられない現状、自宅待機や入院先の無さ、家族と離れ離れ、さらには志村けんさんや岡江久美子さんの無言(というかお骨・・)の帰宅。自分に降りかかったり、私と接した相手に巻き起こったらと思うと恐怖ですし、皆、自分のこととしてシュミレーションすることにより一層の自粛ができるだろうと思います。

 CLOVERでは数カ月先までたくさんのご予約をいただいている状態ですが、しかし使命感を持ってしてもこの感染の状況は変えられず、キャンセルに対して大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。当店は通常であれば毎年3月~8月は繁忙期でして、気温の上昇に伴い短く刈りたい、こまめに洗いたい、というお客様が近隣以外でなく県外からも連日殺到します。この時期にトリミングをしてあげられない・・・ということはワンコにとってもどういう状態になるか、重々承知です。トリマーとはいえ、実態はアスリートと同じで技術やスピードや勘は現場へ行かなければ衰えます(私自身、妊娠・出産前後もトリミングやハサミの練習を続けていました)。緊急事態宣言後もどうにか営業をしておりましたが、ワンコ達のケアに対する使命感以外にも、そういった技術的な部分をきちんと維持したいという気持ちもあり営業を続けていたところもあります。今までの自分の技術やワンコ達への向き合い方からしても、この状況にただただジレンマを感じ続けていますし、落胆しております。しかし、なによりも体が基本。ご理解いただけるとありがたいです。

 昨日埼玉県の休業(学校含む)延長をうけ、いつになく仕事の早い(苦笑)埼玉県に私は逆に危機感を持ちました。北海道ではすでに、予想されていた第2波が始まっています。休業についても今まで悩み続け営業していましたが昨日夜、このような決断をした次第でして、現在は残り数日の中で、CLOVERは休業へ入る準備や対応に追われている状態です。すでにご予約をされているお客様へは順次お店からご連絡差し上げますので、ご不安かと思いますがこちらからのご連絡まで少々お待ちください。また残り数日ではありますが、連日の時短営業と休業前でご予約はいっぱいでしで、ここから新たなご予約は受けておりません。今のところ5月末あたりまでを休業予定としておりますが、それも状況次第で前倒しで再開できるか、休業が延びるのか今の時点でハッキリとは断言できません。感染を抑えていくのは人間の行動にかかっているので、各自の行動次第でしょう。

 再開時にはこのDIARYでまた随時ご報告させていただきますので、お手数ですがご確認お願い致します。

 最後に。近隣の美容室やトリミングサロンはまだまだ営業しているのに・・というご意見ももしかしたらあるかと思いますが、上記の理由からCLOVERはいち早く休業とさせていただきます。継続や利益も大事ですが、お客様やスタッフ、人命に関わる判断は適時行う必要があり、感染が確認されたから休業…という最悪の流れは避けたいです。休業中はとりあえず・・・・休校後もほったらかしでゲーム三昧だった娘(笑)との時間を大事にしつつ、やっときまった国からの『持続化給付金』を申請し(これが決まったので少しの期間は休業できる自営業者は多いと思います・・・)店舗や土地は個人所有のためまあ心配いらず、ということで自宅で静かに自粛したいと思います。どうか皆様も、この地域でも来月以降、感染が広がる想定で行動し、自分やご家族の健康を守っていただきたいと思います。一ヵ月なんて連続したお休みは高校の夏休み以降、経験していないのでどうなることやら・・・。再開後に再び皆様とワンコ達に会えることを楽しみに、しばらくの間、技術が衰えないよう私も自主練習して待ちます!



DIARY 2020/4/7 (黒沢)
~新型コロナウイルスへの当店の対応について~ 

本日政府から出された新型コロナウィルスの緊急事態宣言、埼玉県も対象となりました。
連日報道されている全国での感染者・死亡者数、医療現場の壮絶な様子、医療従事者の方々の苦悩、毎日胸を痛めています。

 小林家はといいますと、仕事と食材などの買い物以外は娘と3人で自宅にこもっています。お店に毎日娘も連れてきておりますが、奥の休憩室で基本的には過ごさせています。自分たちが感染するのも恐怖ですが、自覚のないまま過ごして、周囲の人に感染させてしまっていたら…という恐怖の方が大きいです。巡りめぐって知り合いの方々の大事な人たちの命に関わるようなことがあったら…責任がとれない、と考えています。
上里町や近隣の町でも感染者が確認されたそうで、誰が悪いとかいうことでなく、都内へ向かう高崎線の沿線上の地域においてはどこも感染者が確認されており、交通網からいっても感染が広がるのは時間の問題かなと思います。皆、生活と仕事があるので仕方ありません。

 近年ではお店のお客様でもご存知の方もいたりいなかったり…ですが、DIARYの一番下にさかのぼっていただくと、息子のことが書いてあります。
私達夫婦には7年前に生まれた第2子の長男がおりました。生まれつき血液に免疫系の基礎疾患があり、誕生日の1ヶ月前にインフルエンザに感染。たった数時間で脳波がフラットになり、一歳の誕生日の当日に天国へ逝きました。その際に経験したこと、目にした景色、感情というのは一生忘れられるものではありません。その記憶上、現在の状況に非常に危機感持っており、コロナウィルスに感染された方、そのご家族の気持ちを考えると非常に胸が痛みます。今後は情勢に応じてCLOVERでは皆様と自分自身の健康第一を優先し、営業形態をその都度変えていきます。私個人の考えが強く反映された判断となりますが、娘の小学校も5月6日まで引き続き休校になりましたため、どうかしばらくの間ご理解頂けたらと思います。

私も営業をどうするか、一ヵ月休業させてもらおうか・・・非常に悩みました。が、自粛要請が解除されるまでの間は、基本平日は午前中のみ、土曜日も10頭弱の受け入れと変更させていただきます。通常1日15頭前後入れられる枠が、シャンプーカットコースですと平日は1日約6頭程度の予約枠になりますので、日の受け入れ頭数が相当制限されます。

愛犬のシャンプーがご自分で出来そうな方は…
★部分ケアセット(足裏・腹・肛門バリカン、肛門線絞り、足周りカット、耳掃除、コロン)¥2150~

プラス…★「長毛犬」は部分カット(目頭などの皮膚や角膜を痛めそうな毛の部分カット)550円~

の「時短施術」をおすすめします。所要時間は平均約20分程度。犬の健康維持に必要な「基本必要な手入れ」がすべて入っています。車内で読書などお待ちしていただくのもよし、ササッと近所のスーパーに食材買いに行くのもよいと思います。皮膚疾患や高齢犬など自宅でのケアが難しい場合は通常のトリミングをご予約下さい。

お預かり、お会計は基本車内・駐車場でお願い致します。トリマーがお車まで伺います。

接触を極力少なく…しかし犬の毛は人間同様待ったなしで日々伸びる…目の炎症、すべりりによる骨格へのダメージもワンコがかわいそう…しかし感染するリスク、感染させてしまうリスクも避けられず、1日の受け入れ頭数にも限界あり、結局私達トリマーも健康でいられなければ施術ができません。トリマーとは訓練し習得した技術を誠実に犬たちへ提供し、ワンコの生活上の不便や苦痛を取り除いてあげるのが使命ですので、この状況でもできるだけご利用されているワンコ達の「基本的ケア」だけはしておいてあげたいと思っています。ご自宅でシャンプー出来そうな場合、すぐすぐ全身のカットの必要がない場合は「時短施術」をご検討下さい。

 自営業者であれば皆想定していた事態だとは思いますが、正直なところ…私としてはもう少し、常に手前での判断を政府にはして欲しかったなと思います。学校の再開についても私達の住んでいる地域では昨日の時点で8日に始業式となっておりました。インフルエンザとは比べものにならないほどの感染力、重症化で世界がパニックになっているのに、学校なら子供なら大丈夫…ありえません。今までもお店では、大好きな飼い主や家族を亡くしたり、飼い主と離ればなれになったワンコもたくさん見てきました。悲しみやストレス、犬だってかなりの期間苦しみます。年齢関係なく基礎疾患があっても、なくても重症化し、人によっては死に至るこのウイルスを今はひとりひとりが理解し、大事な人を守る行動をとるのが第一だと思います。皆様と皆様の周りの大事な人たち、どうか何事もなく生活が続けられますように。私達も十分気をつけて参ります。ただ…私達夫婦、娘、どちらでも発熱、風邪のような症状が出た場合は、その日以降出勤を見合せます。

尚、店内は職種上、犬舎やサークル、フロアー、テーブルなど毎日複合次亜塩素酸系消毒液で消毒をしておりますのでご安心してワンコをお預け下さい。

長くなりましたがまとめます。緊急事態宣言が解除されるまでの期間…

①営業時間を平日は午前中のみ、土曜は受け入れ10頭弱に変更致します。

②トリミングに緊急性のない場合は緊急事態宣言の解除までご予約をお待ち下さい。
※ご自宅でのケアの仕方でわからないことありましたら電話相談受け付けます。是非ともご相談下さい。

③施術を希望される方は(予約の制限があるため、みなさんが「基本必要なケア」をうけられるよう)出来るだけ上記の「時短施術」のコースのご利用を推奨致します。

④発熱など風邪に似た症状のある方のご来店をお断り致します。感染防止のため、お預かり、お会計は車内・駐車場で対応させて頂きます。
※雨天の場合は一組ずつのご入店にご協力下さい。

⑤すでにご予約済みのお客様のなかで、来店に不安のある方は日にちの変更・キャンセルなど遠慮なくご連絡下さい。

⑥日によって終日臨時休業、またトリマーの体調次第でも予告なく休業する場合がございます。

 すべてはご来店の皆様と、自分自身の身を守るため。上記につきましてご不便おかけして申し訳ございませんが、ご理解ご協力のほどお願い致します。しばらくの間、気を引き締め、そしてまた普通の生活に戻れるようになれるのも、ひとりひとりのモラルに委ねられていると思います。ワクチンが開発されるまで、頑張りましょう!

DIARY 2020/01/08 (黒沢)
~新年、2020!!~

 新年あけましておめでとうございます!旧年中のご愛顧厚く御礼申し上げます。
本年も倍旧のご愛顧の程、お願い申し上げます。
一昨年は後厄の年でなかなかの災難だった黒沢、昨年は新年早々宝登山で厄除けをして、どんな一年になるか~と日々過ごしておりましたが、昨年もやはり色々ありました・・!無難に過ごすことが出来ないのかと諦めの境地(笑)ですが、懲りずに新年も宝登山へ。浴びて来ました、よくわからないお経と、太鼓の音を!!

 昨年も有難いことに順調にCLOVERが成長していく変わりにプライベートで四苦八苦するのでしょうか・・。CLOVERにつきましては、一昨年の総トリミング数を160頭も超え、総頭数も、年末のご来店頭数も、過去最高になりまして、日々の顧客様のご来店や思いやりに感謝の気持ちでいっぱいです。また今年も、自分に厳しくといいますか、妥協せず、自問自答しながら、一頭一頭に向き合っていきたいなと思っています。

 プライベートでは家族は相変わらず平穏に過ごしておりましたが、黒沢家のアイドルだった愛犬モコが11月に天国へ逝きました。17歳と11カ月。あと3週間で18歳でしたが、最期はゆっくりと生涯を終えました。モコについては14~15歳ごろに以前のDIARYでも載せましたが、胆のうや肝臓、心臓など少しずつ影がでてきておりまして、しかし投薬などでしっかりコントロールできており、老犬ならではの穏やかで自分のペースな日々を送っていました。しかし16歳を超えたあたりから状況が少しずつ変わってきまして、食欲も落ち、下痢なども繰り返し、一昨年の夏には食事を摂れず危険な状態に・・・。
 高齢なため、延命治療をするか、何度も家族で話し合い、意見は一致しステロイドを追加してモコにもう少し頑張ってもらうことに。その後、一気に食欲も戻りまして、約半年間、元気になモコになりましたが・・・同時にその頃からから認知部分や行動が変化してきて、老犬特有の行動(徘徊、夜泣き、一方向にクルクル回るなど)。ほぼ24時間、家族で交代での介護生活になりました。いわゆる世間でよくいう老犬介護。床や壁、サークルなど行動に合わせて出来る限り工夫し、様子もよく観察し、過ごしやすいようにと。とにかくその頃は狭いところに挟まっては出られず、クルクル回りながら転ぶなど。自分も知識があるので「もう17歳だし、しょうがないか!」と寄り添っておりました。が、6月ごろから「てんかん」発作がよく出るようになり、これはちょっと危ないぞ・・・と病院へ。行動や状況からして脳腫瘍が疑われ、もう大きな検査やオペは希望していなかったので、投薬したり、やめたりして行動を観察。その差からやはり脳腫瘍があるだろうという結果になり、最終的に12種類ぐらいの薬を毎日何度か飲むようになりました。食事も何度も何度も工夫し、食べやすいもの、硬さ、与え方など日に3~4回に小分けしてこれ以上痩せていかないようにと。

 長く生きて欲しい、というよりは、あちこちの痛みがないように、床ずれなどもできないように、いくらでも手を焼かせて良いので、モコの負担がなるべく減るようにと面倒みました。介護側の体力的には本当に大変でしたが、今までのモコからもらった幸せや、学ばせてもらったことを、しっかり返せるようにと、自分に言い聞かせて。犬の一生も人間とよく似ていて、まるで長寿のお年寄りのように、二日寝入って、二日起きるという不思議な生活にもなり、頑張って11月に突入。もう少しで誕生日!!と思っていましたが、容体はどんどん悪化。死にそうになり皆で覚悟したり、また復活し喜んでを何度も何度も繰り返し、モコの諦めず生きる力を見つめる中で、自分自身の向き合い方など、たくさんのことを教えてもらいました。早めにお誕生日会をしようとみんなで一足早い18歳をお祝いし、そして誕生日会から3日後、天国へ。きっと店の予約がひと段落している期間を選び、なおかつみんなの希望の誕生日会まで頑張り、役目を果たしホッとしたような表情で、穏やかに寝ているような最期でした。たくさんの治療をしましたが、でも老衰のような。最期、モコがよくやったと褒めてもらえるよう、寄り添い続けましたが、みんなで精一杯の介護がしてあげられたんじゃないかなと思います。

 CLOVERも昨年、14周年を迎え、ご来店のワンコたちも高齢化がさらにさらに進み、トリミングもたくさんの配慮や工夫、予測などが必要となってきました。人間でいうケアマネージャーのように相談を受けたり、飼い主さんにアドバイスやワンコの状況を説明してあげる機会もよくあります。それと同時に「天国へ逝きました。今まで本当にありがとう。」という報告やご挨拶を受けることもよくあります。
 トリミング時の約1時間程度をワンコと過ごすわけですが、各家庭のワンコと飼い主さんの毎日の生活は、私は想像することしかできません。しかし、病気のあるワンコや高齢犬のワンコは、黒沢家や私とモコのような毎日を送っているであろうこと、自身が身をもって経験したことで、より鮮明にイメージすることが出来るようになりました。犬の一生、ハイシニア期の生活や行動などをモコからしっかり見せてもらえたことで、知識や対応もさらに幅広くなり、身をっ持って私に教えてくれたモコには本当に感謝しかありません。
 老犬介護とともに取り上げられているペットロスの現実。気持ちと生活を愛犬へささげ続けたた飼い主さんの看取り後の寂しさや、悲しさにもさらに理解を深め、以前に増して寄り添えるようになったかなとも思います。約1時間程度のワンコとの関わりですが、数週間毎、1か月・・2か月の頻度で何年間も(開店当時からずっとのお付き合いのワンコが非常に多いですが)会っていると、飼い主さんもワンコへも私としては家族のような感じで愛情が湧いてきます。ワンコ達の老いを感じ取り、自分の愛犬と同じように、どうしてあげられるかを一頭一頭のトリミングで毎日考えます。よく飼い主さんから感謝されますが、私も飼い主さんとの会話やワンコ達から毎日たくさんのことを学ばせてもらっているわけで、こちらこそありがとうございます!という気持ちです。毎回自分のトリミングに協力し続けてくれたワンコ達へどこまで、どのように寄り添えるかを考え、実践していく一年にできるよう、また今年も頑張りたいと思いますので、長くなりましたが本年も変わらぬご愛顧宜しくお願い致します!!

お知らせ・・・2月3日(月)~2月12日(水)までの期間は黒沢が海外研修で不在のため、シャンプーコースのみの受付となります。大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承下さい。研修前、帰国後は予約が混み合うことが予想されますので、お早目のご予約にご協力下さいますようお願い申し上げます。





《価格改定のお知らせ》

毎度DOGSALON CLOVERをご利用下さり誠に有難うございます。
この度CLOVERでは5月1日から価格全体の見直しをさせていただくこととなりました。

各犬種の基本料金350~650円、オプション・単品メニュー各150円程度の値上げをさせていただきます。

CLOVERでは、できるだけ通いやすい価格設定の中で、作業内容の向上、仕上がりの質や健康維持にこだわり、飼い主さんに対しても、ワンコに対しても、総合的なトリミングの負担軽減に努めて参りました。しかし近年何度も値上がりするトリミング用品、その他材料などの価格の上昇が相変わらず続いております。これまで諸経費の削減等できる限り私共も努力を重ねて参りましたが、従来の価格設定を維持するのが厳しい状況となってまいりました。

日々ご来店下さる飼い主さんへの想いや、ワンコのトリミング頻度(しいては健康状態)にも影響するかと思い、なかなか値上げに踏み切る勇気がなく、現在までやって参りましたので、非常に心苦しい決断ではございますが、何卒、皆様にご理解いただけますようお願い申し上げます。力及ばず本当に、大変申し訳ございません。

※『ナノバブルオゾン水シャワー洗浄』と『歯磨き&ジェルコーティング』につきましては、引き続きCLOVERではトリミングとセットで行い、現行のまま無料で提供させていただきます。

※繁忙期の割増料金、仕上がり後のお預かり料金も、今まで通りいただきません。

※2019年10月の消費税増税時につきましては、これ以上の料金変更は行いません。

今後も飼い主さんやワンコに信頼される丁寧で負担のないトリミング、店作りに真摯に邁進していく所存です。ご負担をおかけしてしまうこと、心よりお詫び申し上げ、DOGSALON CLOVERの変わらぬご愛顧の程、これからも宜しくお願い致します。不明な点などございましたら、遠慮なくスタッフまでお尋ね下さい。  






DIARY 2019/01/08 (黒沢)
~あけましておめでとうございます~

新年あけましておめでとうございます!旧年中のご愛顧厚く御礼申し上げます。
本年も倍旧のご愛顧の程、お願い申し上げます。

 昨年は私事ではございますが、厄年の最後!後厄ということで、1年にかけて様々な災難が降りかかる(笑)!という、とにかくバタバタした落ち着かないハードな年でございました!お店は何ら変わらず、日々順調に、有難い毎日を送らさせていただき、来店数も一昨年以上に増えて、感謝感謝な1年でして本当に充実できたのですが、私生活においては何かの呪いですか(笑)?というぐらい、ちょいちょい個人的に災難が降りかかり、まあ大変でした。

 後厄の怖さを知らなかったノー天気な黒沢。昨年の厄除けを1月2日に佐野厄除け大師まで渋滞に巻き込まれながら勢いで行ったのにも関わらず、やたら混んでいるという理由で厄除けを放棄!完全に屋台グルメに気持ちを持っていかれた挙句に、そのまま佐野アウトレットで羽を伸ばすという・・・まずこれがしくじりのスタートだったと思いまして、今年は万全の体制を整えようとガッツリと長瀞・登宝山にて、家族3人で体に憑きまくった厄を落として参りました!宗教系はまったくわからないですが、たくさんの厄除け祈願の方々と一緒に、よくわからないお経とドンドンドン・・・という太鼓の音をカラダに浴びて、なぜだかスッキリ(笑)。おみくじは大吉!!よし!!!!今年は間違いなく良い年!!!!・・・になりますように。。

しかし、仕事はきちんと気を引き締めて、当店でも一層増えてきている高齢犬や心臓病のワンコのトリミングなどにもより良い施術を提供できるよう精進していきたいと思いますので、本年もよろしくお願いいたします!




DIARY 2018/01/09(黒沢)
~新年あけましておめでとうございます!!~

新年明けましておめでとうございます。旧年中のご愛顧、厚く御礼申し上げます。
日頃の皆様のご利用に心から感謝し、今年もなお一層努力をいたす所存でございます。
本年も倍旧のご愛顧の程お願い申し上げます。

えっ、去年のデジャブ??と皆さまお思いのはず。大変申し訳ございません。前回のDIARY更新から春夏秋冬・・・すべて過ぎ去っていたという事が判明し、何より本人が衝撃を受けております(泣)。
1年・・・365日がいつの間にか過ぎていた、という驚愕の事実。全総力をあげて記憶をたどり、本気で昨年を振り返りつつ、新年早々、今年の自分への戒めも含めてDIARY更新致します。

 昨年の最大の変化といいますと、非常に個人的なことになってしまいますが、7歳の娘が小学校に入学した!という事でしょうか。この変化が私生活でのアタフタ感を倍増させ、慣れるまでの間、かなり気力体力を消耗しました。入学が4月、そしてサロンが繁忙期に入る時期も4月ということで、連日白目状態(笑)の黒沢。保育園がいかに手厚くフォローしてくれて、保護者を仕事に送り出してくれているかを改めて実感致しました。
 朝、定時に通学班へ合流させるのも、時計を何度も確認、月曜は月曜セット!水曜はおにぎり!しかも塩か梅干し限定!毎日水筒持参!しかも水か麦茶!冬はお茶(笑)!!そのほか宿題チェック!毎日の持ち物チェック!習い事は週4回!!!
ビックリマークの連打の数だけ、いやそれ以上に常に気を張っていた黒沢。自分の子供の頃と、全然勝手の違う現在の小学校の決まり事ややり方に、困惑&アップアップな同世代の方々、たくさんいらっしゃるだろうな~と思いますが、わたくしもその一人。親も子供も様々なことが初めてでして、冒頭にありますように4月以降一学期終わる頃まで黒沢の脳みそのキャパを超える毎日で、日々の記憶の整理に必死でした。そんなことも、仕事にミスが出る理由にはなりませんから、CLOVERにいる間は出来る限り集中!!そして夜は20時半には消灯・・・(笑)という非常に健康的な生活です。

 そんな状況に加えまして、本当に有難いことに、昨年もおととし以上に毎月の頭数が増えており、繁忙期に加え、予約が落ちつく11月でもおととしを50頭(!)も上回るご来店でして、ちょっと黒沢、11月は体力気力がヘトヘトになりまして・・・この慢性疲労は一体どこから来るんだ~?・・と予約帳を見返してみますと、3日連続の連休を5月上旬に取った以外、お盆も素通り・・・てな感じでまとまった連休を取っていなかったことが判明(笑)・・・。これはヤバイ!36歳とは思えないこのカラダのダルさ・重さ(たぶんほとんど脂肪)は異常!!という事で、リフレッシュ&凝りのメンテナンス(これ重要)にあてようと、11月初旬に3日連休、正月休みも子供の冬休みに合わせ元旦~8日までいつもよりやや長めに頂きました。

 昨年もたくさんのお客様にご来店いただけまして、そして戦場の12月、大晦日まで走り抜けられたのも皆様の笑顔と温かいお声がけと、また11月の連休で一度カラダをリセットできたのが大きかったなと思います。私事ですが、今日1月12日で37歳・・・今年は自分自身のカラダの状態にも注目しながら、そして同い年の主人のカラダも労わりつつ・・・でも一歩一歩着実にCLOVERが前に進めるようまた1年、地道に歩んでいこうと思っております。本年もよろしくお願いいたします。



DIARY 2017/01/07(黒沢)
~謹賀新年、2017仕事始め~

 新年明けましておめでとうございます。旧年中のご愛顧、厚く御礼申し上げます。
日頃の皆様のご利用に心から感謝し、今年もなお一層努力をいたす所存でございます。
本年も倍旧のご愛顧の程お願い申し上げます。

 ・・・と恒例の新年のご挨拶から始まりました2017年。元旦~5日までの正月連休もあっという間に終わり、昨日仕事始めだったCLOVER。今年も恒例の店内の大掃除にてスタートです。掃除大好きな私達夫婦・・・自宅も店舗もルンルンでテンション高めで大掃除しました(笑)。もしも転職するならダスキンとか・・・お掃除屋さんがいいな~なんて。

 振り返りまして、相変わらず記憶のなくなる年末でした(笑)。そして私の両親に子供の世話、食事の世話まで頼りっぱなしの年末。毎年、この時期は特に、たくさんの方々のご理解や支えによって自分の仕事が成り立っているという事を改めて実感し、そして感謝と、母親としては至らないところが多すぎて反省の繰り返しの時期でございました。
 昨年2016年は月平均頭数が2015年の平均を毎月コンスタントに20頭以上も上回っておりまして、年末においても2015年の感じで行くとご予約を消化できない(汗)状態が想定され、31日の大晦日まで営業を致しました。年末においては今年も日に17~18頭のトリミングを続けましたが、それでも年内にご希望に添えなかったワンコが約10匹程度おりまして、本当に申し訳ございませんでした!
 下処理・ベイジング・カット、全てキチンと一定のクオリティで提供したいというのが自分のこだわりとしてありますので、繁忙期にトリマーを増員するというのはCLOVERは行っておりません。夫婦2人でこなせる頭数で日のご予約を締め切らせていただいております。また業務をスムーズに進めるため、20日以降のご新規様もお受けしておりませんので、それに対してもご新規のご連絡をくださった方々、ご希望に添えず申し訳ございませんでした。年末においてはやはり、ワンコもキレイにしたいっという特別な時期で通ってくださる飼い主さん・ワンコ達が11月~12月に総結集されます。感謝の気持ちと、そして新たな新年、気持ちよく迎えられるように・・・出来る限り頑張らさせていただきました。

 夫婦のみでのトリミングの業務形態になり約6年・・・。開店11年目。高齢になったワンコが天国へ逝ってしまうことが多くなりつつも、営業開始以来トリミング頭数の一番多い12月となりまして、本当に心より感謝申し上げます。年末たくさんのお客様が笑顔で『今年も1年ありがとうね!来年もよろしくね!』とお声をかけて下さり、そして嬉しそうに帰って行かれる姿を見ているだけでホント頑張れました!そういったことも含めて、やはり年末は沢山の方々のご理解と支えでこの仕事ができていると、トリマーとして身の引き締まる思いでした。

 本年も飼い主さんやワンコに寄り添える仕事ができるよう、自分の目指すトリマーへ少しでも近づけるよう、日々自分自身に問いながら努力を続けたいと思います。本年もよろしくお願い申し上げます。




DIARY 2016/11/6(黒沢)
~我が家のモコさん、もうすぐ15歳・・・~

 寒くなってまいりました。ついに秋・・・というか早くも秋(今年もすでに前半の記憶があいまい・・・記憶力の低下が止められません(苦笑))。冷え性・腰痛持ち・朝が弱いという黒沢には三重苦の厳しい季節となってまいりました(汗)。

 今回は久々に我が家の愛犬についてです。我が家の愛犬・モコさん(トイプードル・御年14歳、特技ナシ)は毎年10月がワクチン接種の時期です。高齢犬のため、半年に一回、エコーでの内臓チェックも併せてやっております。もうすぐ15歳という年齢で、気付けばいつのまにか家族の中で(人間の年齢に換算すれば)一番年上になっておりました。家族からは『モコ先輩』と呼ばれ(笑)、気が向くとエサを食べ、他は基本寝ている・・・というお前セレブか!という・・・日々真逆の生活をしている私に、清々しい貫禄を見せつけております。白内障も進み、視力も低下してきてトリミングは顔が苦手になってきました。耳も遠くなり、大声で名前を呼んで気付きます。高齢犬のいる家では、よくある風景・・・そして高齢犬は愛おしい。若かった頃のモコよりも、自分でできることが減ってきて以前より手がかかり、心配事・配慮の数などが増えてきた今のモコに、昔とは比べ物にならないほどの愛おしさがあります。高齢犬の醸し出すアノ哀愁((笑)・いやホントに)、と色々な意味で我が道を行く貫禄の姿に愛情は増すばかり。『さすがモコ先輩!よくぞここまで、大病をせずに毎年のフィラリア&ワクチンだけの通院でやってきた!偉いぞ~!この調子で来年も再来年も!!』と思っておりました・・・が、やはり御年14歳。最近ジワジワ出てきました。

 昨年の初旬に弁膜症の症状(咳)が出始めて、まあ当時は投薬を始めるまでの状態でもないとのことで、定期的にエコー検査を繰り返しておりました。そして先日、ワクチン接種ついでに再びエコー検査。弁膜症が進んでいたのは想定内でしたが、胆のう・肝臓にも陰が多く、弁膜症の薬に加え、胆石&肝臓病の投薬も並行してスタートした次第でございます。時々ですが嘔吐や下痢が繰り返されていたのもこれが原因だったのかもしれません。

 毛量も少なくなってきて、毛並みも悪くなり・・・免疫を上げるためにサプリを飲み始めて、かなり見た目が改善されたのでイイ調子~♪なんて思ってましたが、エコー検査の結果、分かっていたつもりでも結構ショックなものでした。そうだな・・・私が35歳。モコに出会って14年。お互い歳を取りますね・・・。とシミジミしつつ、では・・・残された限られた日々、どう向き合うかという事にシフトチェンジして、毎日寄り添っております。

 大きなオペはもうやめよう。ホテルに預けるのももうやめよう。苦痛やストレスは最小限に。快適に『食・寝・遊』が出来るように、生活の中や世話の仕方を色々工夫してあげる。モコはどうして欲しいのか・・・自分がモコだったら・・・と。ズバリこれっ!という正解はなくとも日々の様子を観察して、気持ちを汲みながら世話をしていこう。今まで家族のみんなに幸せ振りまいて、そして我が娘の誕生後は、その存在に常にヤキモチを妬き我慢をしていたモコさん。あとの人生、いや『犬生』・・・食って、寝て、きままに遊ぶだけで十分。穏やかに毎日を生きてくれれば・・・と思ってます。あと何年、何カ月一緒にいられるかわからないけど、黒沢家へ迎え入れられて良かったと最期に『モコ先輩』に褒めてもらえるように。。。まだまだ未熟な私ですが、モコ先輩、よろしくご指導お願いします!





DIARY 2016/01/07(黒沢)
~年末・・・そして2016年スタート~

新年明けましておめでとうございます。旧年中のご愛顧、厚く御礼申し上げます。
日頃の皆様のご利用に心から感謝し、今年もなお一層努力をいたす所存でございます。
本年も倍旧のご愛顧の程お願い申し上げます。

年に数回しか更新されないこのDIARY・・・新年早々ですが、反省しております。いつの間にか2016年、CLOVER10周年に突入しておりました。時代にも月日にも完全において行かれている黒沢です。

昨年は従来のお客様に合わせてご新規様も多くご来店して下さった一年だったと思います。休業を繰り返し、そのため他のサロンへ動いていた方に再びご利用いただけることも多くみられました。昨年は休業の影響が気がかりで、どんな感じになるのかな~と期待と不安の1年でしたが、非常に多くのお客様の出会いをいただき夫婦共々感謝の気持ちで毎日を送れました。特に、ご新規のお客様がまた新たなお客様をご紹介してくださることも多く、皆様のお心遣いに心より感謝申し上げます。
そして節目の10周年を迎え、オゾンシャワー導入や慢性疾患へのさらなる対応に取り組む、トリマーとしても勉強・挑戦の1年でもありました。

年末においては写真ブログを見ていただけるとわかりますが・・・12月中旬からの更新がストップ。中旬から最終日の30日まで連日15頭~多いときは19頭(!)のご予約状況で、1月で35歳を迎えるこの夫婦・・・いかにカラダを維持するか!が最大の課題でした(笑)。毎年のことですが、年末は5歳の娘の保育園の迎え~夕飯は実家の両親へ丸投げ状態で、唯一母親の顔に戻るのは一緒にお風呂へ入っている時間のみ。という仕事の鬼・黒沢になっておりまして・・・いかがなものかな~と思いつつも、やはりトリマーの血が騒ぎまくりの黒沢は30日まで完全燃焼致しました(笑)。

ほとんどのトリマーは年末は辛すぎて嫌だと言います・・・が!完全なマゾ体質の黒沢は12月が一番ギラギラ・イキイキしております。10月ごろからソワソワし始め、12月には戦闘モードに!!!自分へ負荷をかけて、『やれんのか~!』と高田総裁の雄たけびを自分へ投げかけ(笑)・・・結局今年の12月も300頭を超えるのワンコをこなしました。

申し訳ないことに年内にトリミングできなかったワンコも10頭ほど・・・綺麗な状態でお正月を迎えたい!という気持ちがよ~くわかるだけに心苦しく、本当に申し訳ございませんでした。

12月30日仕事納めの後は恒例の焼肉をたらふく食べて、減っていた体重をササっと素早くもとへ戻し(笑)。
しかし大晦日、元旦と連日夜9時に床へつくという相変わらずの疲れっぷりを発揮し、新年会・20年ぶりの同窓会(しかも幹事代表)・熱海旅行と立て続けの予定でして、疲れが増えたような年末年始を過ごしました。しかし正月中は呑む・食べるは随時欠かさず・・・待ちにまったRIZIN(総合格闘技)~ボクシングをTV観戦!そして熱海にて寛一に思いっきり蹴っ飛ばされるお宮をぼんやり眺めて(笑)、非日常な毎日が少し味わえました。

今年はCLOVER10年目。初心を思い返し、そして初心を忘れず、さらに勉強・挑戦の年となるよう・・・トリマーになって16年目の自分の伸びしろを増やすべく、また1年プレッシャーをかけながら向き合いたいと思います。

本年も変わらぬご愛顧、心よりお願い申し上げます。





DIARY 2015/09/11(黒沢)
~その① 『慢性疾患』に向き合う~
~その② 祝・開店10周年記念のお知らせ~

またまた久々のDIARY更新です(汗)。正月に携帯を紛失して・・・そして秋!になりつつあります。早いですね~!早寝『遅』起き(笑)で毎日トリミングに励む黒沢です。
今日は最近の悩み事・・といいますか、今の私にとって大きな課題。もう一歩踏み込んだトリミングを実践すべく、現在も勉強・試行錯誤に取り組んでる『慢性疾患』を持つワンコへの適切なトリミングについてです。
慢性疾患といっても数多くありますね。代表的なものですと、心臓病、アトピー、アレルギー、難治性の内耳炎などなど・・・。一般的にはトリミングとひとくくりに言いましても、施術するトリマーの知識や考え方・方向性でその後の結果がかなり変わってきます。何を目的に、何を重視して、そして何のために・・・という各トリマーの意識的な部分というのは、施術するトリマーの作業にストレート反映されます。何が正しくて、何が間違いで・・・というのは利用される飼い主さんが決める部分も少なからずあるので、その部分の議論や結論を出すことはなかなか難しいものですが、CLOVERは開店当初から本質は全く変わっておりません。

『健康維持を第一に考えた、施術されるワンコに負担のかからないトリミング』

洗う・乾かす・カットする~の中でひとつひとつの作業に対してどの部分をどう対処(どう選択)するかで、一か月~2か月~さらには半年後のワンコの状態が変わってしまうということを念頭に入れて、作業することが必要であり、トリマーの予測やワンコへの思いやり・感受性は健康維持を実践するにあたって大事な部分です。
健康と健康でない状態を見極め、状態の悪いワンコにおいては良い状態をできるだけ継続できる施術を提供する。心臓病のワンコには投薬量や発病年数も考慮して、その時その時の状態に合わせ作業する。とくに対応に苦慮する皮膚病のワンコにもシャワーの水圧・温度、ブローの加減、ブラシの加減・・・一頭一頭に適切な対処をするために、このCLOVERではベイザー(洗い手)に各ワンコ対しての数多くの指示が飛びます。知識と経験を何年も重ねて行っても、症状に合わせて対応するには日々の勉強が続きます。

技術もさることながら、話せないワンコを扱うトリマーの一番大事な核の部分は、やはり犬の立場にたった想像力ではないかと最近よく思います。昨今のカタログを目にして、この仕上がりにするためにこのワンコはどのぐらいの時間を我慢しただろう。。。はたして気持ちよかったか、そして自宅で維持ができるのか・・・眼球を傷めないだろうか。。。もつれができれば、スタイルを維持するにはその負担というのは全てワンコが負うことになります。では健康的な清潔なスタイルとは・・・??
ジワジワと取り入れる店が増えてきた泥やハーブのパック類、凝りにこった斬新なデザインカット、複雑なカラーリング。。。・・・長時間シンク(洗い場)に置かれるワンコの気持ちと、長時間テーブルの上でワンコに我慢させた分、それに見合った結果が果たして犬側に得られるのか。。。そこに人間側の自己満足・エゴはないか?根拠に乏しい内容を取り入れずとも、きちんと効果が得られるものや対処法が他に無いか??

『正確な知識』と『犬への共感性』の乏しいトリマーほど、ただの自己満足に終わる仕事ををするものです。
トリマーに求められていることを常に、自分自身へも問わなくてはならないと思います。

トリミングとはワンコが健康に過ごせる手入れであり、決してそこに人間側(トリマー含む)のエゴを入れてしまってはいけないと日々思います。施術されるのが、話せないワンコ、お金を払うのが飼い主さん、利益を得るのがトリマー・・・という構図上、シワ寄せがワンコへ向かうのは・・・なるほど、わかるのですが、わかるからこそ日々自問自答して本質や信念をブレせさないこともとても大事だと思います。

話はややそれましたが、このCLOVER。近隣の動物病院に囲まれ、通常のトリミングサロンとは比べものにならないほどの持病を持つワンコが日々ご来店されます。希少な難病のワンコ、腕のいい獣医の先生に一命を助けられた重病のワンコ、外科的な手術を繰り返しているワンコ。。。病気でも毎日少しずつ毛は伸びます。トリミングも必要です。トリミングリスクのある難しいワンコと日々向き合う中で、
「この子にどうして作業してあげれば、より楽であるか。リスクが減らせるか。予後が良いか。」

この問答にはなかなか終わりがないもので、それはワンコの状態も日々変化しているからで試行錯誤。でも状態の悪いワンコたち・・・どうしてあげればいいかな・・・飼い主さんの目線で見てもどうしてあげようか・・・自分の気持ちの中には常に、最善のトリミングをしてあげたいというのが強くありますが、慢性疾患というのを完治させることはまず難しいので、一喜一憂を繰り返します。

特に慢性皮膚疾患のワンコは全国的に年々増える一方で、CLOVERでも先ほど書いたとおり、動物病院に囲まれた立地のためか、慢性皮膚疾患のワンコの対応数が非常に多い状態です。皮膚病とは痛みやかゆみが休むことなく続くため、薬用シャンプー療法が用いられることが多々あります。投薬を続けるよりもリスクが少なく、また耐性の問題もないため開店当初からCLOVERは皮膚疾患のあるワンコには『医薬品』の薬用シャンプーを使用し、薬用シャンプー療法に力を入れて参りました。(※一般に『薬用』と謳われるシャンプーではなく、『製薬会社の取り扱う医薬品シャンプー』)
開店10年目、さらなる施術の向上を目指し、今秋より『皮膚疾患専用のトリミングコース』を立ち上げ、それぞれの疾患に合わせて、より細かいケアで対応していくこととなりました。

従来のマイクロバブルシャワーから、殺菌・消臭効果がある『オゾン』に加えマイクロよりもさらにキメ細かい『ナノ』バブルの発生する機材を導入し、デリケートな状態の皮膚への負担をより一層軽減させるべく施術させていただきます。通常のサロンはマイクロもオゾンナノも使用したトリミングには別途料金が発生する場合がほとんどですが、今日までたくさんのお客様にご愛顧いただいてまいりましたCLOVER、大変な時もご理解いただき寄り添っていただいた感謝の気持ちもこめてオゾンナノの使用もマイクロ同様、無料で施術に含めてご提供致します。(※温浴は別途頂ます)様々な疾患のワンコが来店するCLOVERでは~心疾患に負担なく、皮膚疾患の改善を重視した~オゾンナノバブルの導入となりました。獣医師のサポートを仰ぎながら、数々の疾患へのさらなる負担の軽減を目指してまります。『慢性皮膚疾患専用コース』の詳しくは店頭にてスタッフにご相談ください。


効果が必ずしも皮膚疾患・内臓疾患に良好に作用しない(逆に悪化させる)、リスクのある「利益優先」の施術を取り入れるサロンが全国的にも増える一方・・・やはりCLOVERは従来の健康維持・負担のないトリミングを基本理念において、症状にあった適切な対応をすることが当店の役割と考えています。またCLOVERにはそのような役割が強く求められている・・・ということも日々実感致します。

すべてはワンコが幸せに暮らせるように・・・いちトリマーの使命と思って、今後も様々なワンコたちに寄り添っていきたいと思います。初心を忘れず、純粋な気持ちで日々トリミングに向き合わせてくれるワンコたち・飼い主さんに感謝・感謝です!






~その②~
まとめて、まとめてのDIARY。続きましては来たる今年の11月23日・・・(定休日ですが(汗))、あっという間のような、やっと・・・のような。CLOVER開店10周年を迎えます。24歳でこの地に店を構え、色々ありました。記憶があったり無かったり・・・。そしていつのまにか私も34歳。18歳からハサミを持ち出して、16年経っていました。そりゃ~開店から考えても10年経ってるはず。でも開店当時は10年後の自分というのは想像出来てなかった気がします。地道にコツコツ・・・まさにCLOVERはそんな感じで今日までやって参りました。開店当時の暇な(笑)毎日。。。でも今では日々たくさんのワンコの往来があって賑やかに営業ができること、出会った飼い主さんのみなさん優しいこと・温かいこと・・・!!出会ったワンコたちの愛らしさに支えられて今日までやってくることができました。そして今でも、トリマーを目指した頃と同じ純粋な気持ちでトリミングに向き合える環境にいられること、そんな日々に感謝です。
この10年、ペット業界は膨大な進化をして、巨大産業となりました。他の先進国にくらべて、随分と遅れていた日本の動物に関する法律もこの10年でかなり進歩しました。10年前トリマーって何(笑)!?なんて頃に、自分の考える理想のトリマーを目指し、『他になければ自分で作ろう!』とCLOVERを開店、走り出した訳ですが試行錯誤、一喜一憂、喜怒哀楽・・・辞めたい!でも向き合いたい、成長したい!と転げまわって10周年。自分に身についた技術や知識が、表現が合っているかわからないですけど、非常に愛らしく、自分の誇りと思えるようになってきました。これも一重にご愛顧下さる皆様のおかげと、心より感謝申し上げます。10周年だろうが何だろうが(笑)、日々のトリミング、向き合う姿勢、何ら変わることはないですが自分のカラダが健康な間は、自分の使命や役割を全力で全うしていきたいと思います。

そして10周年記念はCLOVERオリジナル動物愛護・啓発ステッカー!のプレゼント♪となりました。5周年記念でもオリジナルネームステッカー&DOG IN CARステッカーのプレゼントでしたが、10周年はより意味のある、メッセージを込めたステッカーを作成致しました。
現在もなお続く年間万単位のペットの殺処分・虐待事件・パピーミル(利益優先の悪徳ブリーダー)による無理な繁殖・虐待・放棄遺棄。無くしていくために必要な唯一つのこと『人間側のモラル』。愛情・責任感・想像力・・・それらがあって動物との絆が深まり、支え支えられ、愛し愛され、その存在に感謝し、命に向き合えるできるのではないでしょうか?すべてのワンコが健康に、幸せに暮らせる日本を願って・・・微力ではありますがCLOVERは小さくてもしっかりと声を上げたいと思います。車の後ろにマグネットで付けられるよう作成しましたので、賛同していただける方はご協力お願い致します。先着400枚で一件に一枚限り、記念月の11月中旬よりお会計時に配布致します。数に限りがありますのでご了承下さい。もう完成されていますが、デザインは11月までお楽しみに♪♪

~『Kindness To All Dogs!!』 (全ての犬たちに愛護精神を!!)~

小さなことからコツコツと・・・この小さな地域からでも、意識・取り組み、変えていきませんか?






DIARY 2015/01/06 (黒沢)
~仕事始め~

新年明けましておめでとうございます。旧年中のご愛顧、厚く御礼申し上げます。
日頃の皆様のご利用に心から感謝し、今年もなお一層努力をいたす所存でございます。
本年も倍旧のご愛顧の程お願い申し上げます。

昨年はたくさんのことがあり過ぎて、あっという間に過ぎて行った感じがいたします。毎年同じ事言っている感じですが(汗)。。。でもたくさんのことを感じ学び、考えさせられた1年でもあり、また生涯忘れることのない1年であったと思います。そんな1年の中で、たくさんのお客様から愛情あふれるお言葉をいただき、私たち家族とCLOVERに寄り添っていただけたことも生涯忘れることのない、私自身、一生の宝となりました。本当に有難うございました。

年末も予約の状況・・・今年はどうなるかな~と思っていましたが、例年以上にご予約が埋まるのが早く、12月初旬に20日以降~最終日までのご予約がほぼいっぱいとなりまして、『有難いことだな~(涙)。』日々、黙々と静かにトリミングを進めつつ、心はウルウル&燃えたぎっていた黒沢でした。
最後の一週間はできるだけお正月までにワンコとたちも綺麗になってもらいたい!と夫婦で体力の限界を目指して(笑)連日、記憶がなくなるほどトリミングしてました。(結衣は祖父母にお世話になりっぱなし状態・・・。)


そして無事30日~・・・20日以降から数えて約170頭のワンコ達をクリスマス&お正月仕様に仕上げ、仕事納め!!近所の『ぎょう○ん』にて、毎年恒例、焼き肉忘年会~!!ワ~イワ~イ☆年末は夫婦共々、あまりの忙しさに約2kgぐらい体重が減るのですが、そこに再びギッチリ焼き肉を詰め込みまして(笑)『疲れた~、ウマイ~』を繰り返しながらの仕事納めでございました。
そして翌日、大晦日。我が家の大掃除を済ませ、おそばをすすり。。。紅白の妖怪ウォッチコーナーで踊る結衣を眺めて、ここに去年匠がいたんだよね・・・と時々涙し、静かな年越し&新年でした(基本爆睡)。

そして!!!1月3日、黒沢はお参り先にて携帯を紛失!!『盗難守』という不思議な石碑(?)にガッツリ手を合わせ、あちこちの守り神にあれこれお願い事した直後にポケットから携帯が無くなり(スラれた?)・・・引いたおみくじでは「失くし物出ず」とのこと・・・!盗難守りってなんじゃ~い(怒)!!と、新年早々ありえないミラクルにキレつつ、警察と携帯会社に慌ただしく連絡。。。こんな感じで2015年がスタートしました。(未だに携帯は行方不明・・・)

こんな・・・こんな様子なので今年は脇を締めて・・・notアクティブで。
来たる1月12日34歳、そしてCLOVER10周年、健康に暮らせることを日々感謝しながら低姿勢でやっていこうと改めて思った次第でございます。こんな黒沢はさておき、皆様にとっては良い一年となりますよう・・・今年も皆様のご来店、心よりお待ちしております。





DIARY 2014/08/22 (黒沢)
~営業再々開、そして近況報告~

本当に本当にご無沙汰しております。。。今年に入り、営業がままならない状態が続きまして、もう8月。
4月1日に営業を再開し、間もなく、再び5月14日から急遽また休業せざるをえなくなり、たくさんのお客様に多大なるご迷惑ご心配おかけいたしました。その節は、本当に急な休業となってしまい大変申し訳ございませんでした。

再々開は6月19日から。。。キャンセルさせていただいたお客様、営業再開をお待ちくださっていたお客様、たくさんのご来店を連日いただきまして、本当に感謝の気持ちででいっぱいでございます。

4月からパソコン(XPサポート終了問題)の買い替えがありまして、ホームページの作成のやり直し(なんと使用していたソフトまでサポート終了(怒)!!)などなど、細々と進めておりまして、やっと。。。先月末にネットにUPできました。新ソフトに「なんじゃこりゃ~」と頭をかかえながら作っていたホームページ、相変わらず、私の性格が出ていまして(苦笑)とってもシンプルな仕上がりとなりました。

できる限りご来店いただいたワンコをUPしていきますので、是非ご覧ください。

そして話は戻りまして・・・5月14日からの約1か月の休業につきまして、近況(?)といいますかご報告です。
近況は悲しいご報告なので、文章にするのってなかなか気力がいるもので。。。再開後、時間が経過してしまいすみませんでした。どうにか振り絞って・・・・・・。

昨年6月11日に生まれた息子の匠、先天性免疫不全症で治療を続けていたことは前回のDIARYのでご報告させていただきました。(旧ホームページでご確認ください。)2月の退院後から5月の中旬まで自宅からの通院で様子をみておりましたが、2週間近く風邪が治らず、13日に群大小児病棟へ再入院、翌朝14日早朝、容態が急変しICU(集中治療室)へ。重篤な感染症に陥ったことがわかり、その日から1か月、ICUで現代の医療でできる限りのあらゆる治療を続けました。感染後まもなく、脳死の状態になってしまったので人工呼吸器・人工透析・数カ所に及ぶカテーテルでの投薬・・・でも血液の病気だった匠、炎症を抑える血液中の力がとにかく弱く、最後まで血液障害が改善されることはありませんでした。6月11日、ちょうど生後1年、皮肉にも誕生日の日に、天国へ逝きました。私たちはというと24時間常に傍にいて、毎日体を拭いたり、頭をなでたり・・・親でありながら非常に無力なICUでの1か月でした。
それまでは毎日自宅で抱っこしながら「そろそろ誕生日楽しみだね~。お誕生会は嬉しくってママ泣いちゃうよ~」なんて話しかけていたので匠にも伝わっていたのでしょう。誕生日の夕方から、本当に私たちとの約束を果たしてホッとしたかのように脈が落ち、午後9時59分心停止しました。生後数日で少しずつ免疫不全の症状が表れていた匠、一年、本当によく頑張ったと思います。できることなら全てを変わってやりたかった。赤ちゃんでも強くてみんなに優しい匠、私たちの一生の誇りです。

まだまだ書き足りないこといっぱいありますが、とりあえず簡単にご報告まで。
再開後、たくさんのお客様から匠へお花やお菓子など、お心遣いいただき本当にありがとうございました。
この場を借りて、改めてご心配してくださった皆様に心から感謝申し上げます。
また夫婦で力を合わせてワンコ達のケアに努めますので、これからもよろしくお願い致します。